コラム

パソコンが苦手な親に、パソコンを教える方法

f:id:duo00731:20180422095043p:plain

 

最近僕の父がMacbookを買いました。

 

僕の父は、Windows95が発売される直前に会社を辞めて独立しています。

そのため、パソコンのリテラシーが無かった父は、今までパソコンをほとんど使わず、たまにお客さんにメールを送りたい時なんかには「誰々にメールを送ってほしい。」と

無給の作業を依頼され僕がGmailを使って送信代行していました。

 

しかし、時代の流れか今までFAXを使っていたお客さんにもメールで送る機会が増え、ついにMacbookを買う事を決断しました。

 

何度やっても覚えてくれない。

 

「印刷ボタンを何回押してもプリンタが反応しなかったのに、電源いれなおしたら何百枚も印刷されてきた!このプリンタ壊れてるんじゃねぇか!」

 

教えていた当初はこんな事もよく言われたり、細かいことで結構喧嘩をすることもありました。

 

調べてみると、結構僕と同じ様なケースが多いみたいですね。

 

親_パソコン_教える

 

僕もこの関係で何度も両親と喧嘩しまして、色々試行錯誤をした結果、だんだん覚えてくれるようになり、今では一人でデータをプリンターでスキャンしてメールを送るくらいに上達しました。

 

そんなわけで今日はパソコンを両親に教えるときに、僕が行っている方法をシェア出来ればと思います。

 

①一冊のノートを準備してあげる。

 

両親はなかなか息子、娘の話をしっかり聞いてくれないんですよね。

理由として、親と子の関係性が挙げられます。

家も昔はずっとそうだったのですが、僕が何回教えてあげても、また同じことを聞いてきます。で、僕がめんどくさくなって愚痴を言おうもんなら、逆ギレされることもしばしばありました。

 

おそらく他人だったらこうはならないでしょう。

やっぱり親と子という上下関係みたいなものが邪魔をしてしまうのかもしれません。

 

で、そんな僕が取った方法として父に一冊ノートを買ってあげました。

その上で父から聞かれた事を最初の数ページ丁寧に書いてあげ、今度から何か聞くときにノートに書いてもらうようにしました。

 

これをやってから、父もノートを真剣にとってくれるようになり、色々な事を覚えてくれるようになりました。

 

②目的・理由・操作の順で教えてあげる。

 

パソコンの操作だけを教えても、すぐに忘れてしまいます。

だから僕は父にパソコンを教える前に、操作の目的と理由を聞くようにしました。

メールのプリントのやり方を聞かれれば、まずその動作の目的を教えてもらいます。メールを印刷する目的と理由を聞いた上で、操作を教えることで、理解が深まります。

ノートをとるときにも、その時の目的と、理由を合わせて記載してもらうことで同じような状況になった時に見返す辞書のようになります。

 ③動画キャプチャを撮影してあげる。

実際に操作の仕方を教えた後は、その動作を動画キャプチャに残してデスクトップに保存してあげます。

「操作動画」フォルダを作成してあげて1.XX:XXXXXX」みたいな感じでファイルを置いてあげましょう。操作の説明が終わったら実際に動画をみながらわからない所を聞いてあげて、都度ノートにメモを書き足してもらいます。

 

この3つを抑えて地道に教えてあげた結果、僕のサポートする回数もだんだん減ってきて、ずいぶん一人で出来ることも増えてきました。

(まだまだ独り立ちは出来ていませんが・・・)

 

もし、両親にパソコンのやり方を聞かれたら試してみてください