人気記事

IT業界の人手不足は本当なのか?⇒足りてません。それでも人が入らない理由

IT業界は人手不足と言われています。

深刻なエンジニア不足。IT業界の現状と今後の対策とは?

ぼく自身IT業界で働き始めてから2年程経ちました。

そこで今日はIT業界が本当に人手不足なのか?お話出来ればと思います。

⇒【IT業界をお勧めする理由

この記事の内容

  • IT業界は本当に人手不足なのか?
  • 人手不足の理由は知識レベルのハードルが高いから。
  • 人手不足だからこそ、やるだけでチャンス
  • 用語を覚えてるだけでも役立つ。ステップアップしよう。

IT業界は本当に人手不足なのか?

結論から言うと確実に人手不足です。

足りない職種は圧倒的にエンジニアですが、営業・コンサルタント等含めて全業種が足りていません。

経済産業省が発表したIT市場の最新動向と将来推計に関する調査では2016年度の段階で91.9万人が必要とされる中、17.1万人の人が不足しているといわれています。

2020年には36.9万人、2030年には78.9万人足りなくなるといわれています。

何故これほどまでにIT業界に人が足りないのでしょうか?

「人手不足でも将来仕事がなくなるかも」

人手不足の理由は知識レベルのハードルが高いから。

ITはとにかく知識レベルのハードルが高いです。

IT業界では知らないといけない知識がたくさんあります。2018年現在、多くの人がデジタルデバイスを利用する機会が増えました。

一方で、知識の格差は激しくなっています。

ぼく自身、パソコンの専門知識は相当ある方ですが、最初に入社したときは全く言葉がわかりませんでした。(小学生のときにパソコンを自作しているレベルです。)

IT業界は全業界全職種で広範囲に利用されているものの為、全ての知識の習熟をすることは不可能なレベルで、色々な言葉の勉強が必要なんですね。

IT業界で働いている人間にとって、仕事中にセミナーに参加したり、勉強会があるのは当たり前の話です。わからない言葉があったらその言葉をググって理解していきます。

しかし、全く未経験の方だとそのググった言葉がそもそも分からないなんて言う風になります。

だからIT業界の人材は少ないんですね。

プログラミング出来ない人もIT業界にたくさんいる。

人手不足だからこそ、やるだけでチャンス

人手不足であるからこそ、IT業界にはたくさんのチャンスが転がっています。

最近は未経験入社で入れる会社も増えました。

未経験で入れる会社の中には、研修制度がしっかりしていたり、たくさんの勉強が出来る環境がたくさんあります。会社名で有名なところには入れないかもしれませんが、そこでしっかりスキルを身に着けるだけでたくさんのスカウトが来るようになります。

(ぼく自身2年勤めているだけですが、年収高めの有名企業からたくさん声がかかるようになりました。)

 

努力の方向性を間違えないこと

用語を覚えてるだけでも役立つ。ステップアップしよう。

IT業界の一員になると、転職の幅や、行動できる範囲が一気に広がります。(特に20代~30前半くらいまで)

こういう状態になると、仮に仕事がつらかったり、辞めたくなったりしても「自分には別の会社がある」って思えるようになります。

もし、自分が転職市場で優位な立場になりたければ、是非IT業界を目指してみてください。



 

終わり。

 

こちらの記事もお勧め

⇒【はてなブログからWordPressに移行を決めた理由→データが全部消えました(その後復旧)

⇒【自分の才能の無さに絶望して、初めて「凡人」は強くなる。