仕事・キャリアについて

”夢”が無いサラリーマンは、いつしか飼いならされた社畜になる。

サラリーマン生活をしていて最近思うんですよね。

”このまま10年後も同じ会社で働き続けるなんて絶対に嫌だ!!”って

サラリーマン生活は、安定が保証されています。

ほとんどのミスは上司がケツを拭いてくれますし、安定的なお給料ももらえます。

ブラック企業じゃなければ、1日の余暇時間もそれなりにもらえます。

そんな理由から多少のストレスがあっても、仕事をやめられないのがほとんどの日本人でしょう。

仕事を辞めるのは簡単ですが、戻ることが簡単にできないのが今の日本社会です。

最低3年は同じ会社で頑張る。という文化が日本には根強く残っています。人材紹介会社に聞けば、3年以内で辞めてしまうだけでマイナスに映ると言われます。

転職するにもパワーもかかる、辞めることで職歴が傷つく。そう言われるのが当たり前の日本社会ではサラリーマンでい続けるのは最も合理的な選択肢です。

「耐えて働くことがベストなのはわかってる。でも仕事が辛い。」

そんなサラリーマンこそ、夢を持ちましょう。

 

コンプレックスを受け入れると人生幸せになるよ。

何も考えずに日々を過ごせばあっという間に年をとる。

ぼくは今の会社に入社して2年ちょっとが経ちました。

社会人としての2年ってあっというまに過ぎていくんですよね。

最初の数ヶ月こそしんどかったものの、だんだん仕事の要領も分かってくると、ついつい刺激が薄れていきます。

ぼくの昨年度がまさにそんな状態でした。

遊びにもたくさん行きましたし、iPhoneの写真を見るとたくさんの想い出が追加されています。仕事もいろいろやりましたし、環境も変わりました。

でも、昨年何をしていたかといわれると、おぼろげにしか思い出せない。

日々の仕事をやって、土日遊ぶ。そんな生活をしていれば時間はあっという間に過ぎていくんです。

「時間が無い。」って言い訳してたら人生終わっちゃうよ。

夢を持ってから、生活が変わった。

現在ぼくは夢があります。

将来都会を脱出して在宅ワークしながら子育てをしたい。

だからブログを3記事書くのも苦じゃないし、日々の生活もとても充実しています。

特に今年の1月、仮想通貨にハマってから”将来を真剣に考えよう”と思い節約を開始したんですよね。当時は週3で飲みに行くのが当たり前の生活でしたが、それも辞めました。

その変化は仕事にも訪れました。夢を持つ前のぼくは”社会なんてこんなもんかぁ”と少しの諦めを持っていたのですが、今は”この会社のこういう所がおかしい、絶対におかしい。”と自分の軸で物事を理解し、判断することが出来るようになりました。

学生の頃に思っていた気持ちは気がついたら消えていくんです。

「大企業や公務員”だけ”が正解じゃない。」そう教えてくれた恩師の話

飼いならされた社畜にならない。

目指すゴールがないと、人は日々流されていくんです。

学生の頃「おかしい」と思っていたことが思えなくなる。

自分が正しいと思うことを諦めるようになる。

そうやってどんどんどんどん”飼いならされた社畜”になっていくんです。

何の気なしに、日々を消耗していくのは簡単です。

ですが、そうやって過ぎ去っていった日々に後悔をしているサラリーマンはたくさんいます。

”俺の人生これで終わりか・・・”

”何のために働いていたのだろう・・・”

将来過ぎ去った時間を後悔しないためにも”夢を持ちましょう”

なんでも良いと思うんです。”将来フィリピンに永住したい。”でもいいですし、”独立をしたい”でも良いんです。

 

夢を持つ人間は強い!!!!!!

 

ちょっと説教臭いオヤジみたいになっちゃったかな。

おわり。