ライフスタイル

夫婦共働きのダブルインカムが 最強な理由| 副業以上に重要なのは結婚相手?

政府の副業解禁ニュースも大きく取り上げられて「副業/複業」に興味を持つ方が非常に増えているのを感じます。

「複数の収入源を持つこと」

これが副業の大きなメリットの1つです。

ときは人生100年時代。社会保障、終身雇用制度は崩れ去り、少子高齢化社会と人口減少のダブルパンチをうけた20代30代の人間が、自分の身を守る防衛術に興味を持つことは当然のことのように思えます。

そんな時代に、副業はもちろん、それ以上にぼくが大切と思うことがあります。

「共働き夫婦になること」です。

複数の収入源を持ちリスクヘッジする為の最も有効なアプローチの一つは、「ダブルインカム」が実現できる結婚をすることだと思うんですよね。

今日はその話をしていこうと思います。

この記事の内容

  • 複数の収入源を持つ最も簡単な方法は「結婚すること」
  • 収入源が2つあると、貯金もしやすい。
  • ステレオタイプな幸せさえ求めなければ、メリットしか無い。

複数の収入源を持つ最も簡単な方法は「結婚すること」

我が家は共働き夫婦です。ぼくがコンサルタント、嫁は看護師として働いています。

20代の年収が平均400万円の時代ですが、ウチの場合、世帯年収1100万円くらいあるんです。金額だけで言えば大企業の部長~課長クラスの年収ですね。

1人で稼ぐとなるとなかなか高難易度の年収ですが、二人で稼げばそれほど難しい金額じゃありません。

もちろん子育て期間中は嫁が働くことは出来ませんが、子供が大きくなったらまた働いてもらえば、老後にお金で苦労するリスクは相当減るでしょう。

 

【関連記事】→本業が忙しいから副業が出来ないなんて考えじゃ絶対に上手くいかない。

収入源が2つあると、貯金もしやすい。

収入源が2つあり、安定的な収入をもらっていると貯金が非常にしやすくなります。

極端な話、ぼくの給料だけで二人で生活をして嫁の給料は全部貯金することだって可能になります。

収入源が2つあるため、非常に安定した生活を送れます。

これはすごいリスクヘッジになります。もし仮にどちらかが仕事がだめになっても、もうひとりが一時的に頑張れば、なんとか生きていけますからね。

【関連記事】→家計のやりくり夫婦でどうやる?→小遣い制よりストレスのない方法

ステレオタイプな幸せさえ求めなければ、メリットしか無い。

結婚の1つの障壁として、ライフプランに関する問題があります。

結婚式を上げたり、家を買ったり、子供を私立に通わせたり・・・そうした生活をするのであれば、お金はいくらあっても足りません。

しかし、借家に住み、結婚式を辞めて、子供が公立の学校にしか行かなければ、お金の自由度はもっと上がります。

専業主婦の場合は、残念ながらこうはいきませんけどね。男性と変わらずにお金を稼いでくれる嫁がいるだけで、日々の生活や貯金は相当楽になります。

それで、上記の案を受け入れてくれるような嫁とであれば、結婚にはメリットしかありません。

ま、ぼくは結婚式やって貯金消えましたけどね(笑)

【関連記事】→「結婚式はいらない」と言われる中、あえてぼくが数百万投資した3つの理由

まとめ:ダブルインカムで人生100年時代を生きよう。

旦那の稼ぎだけで、ステレオタイプな幸せを追い求めて専業主婦の嫁と子供を養っていく。

この生活を実現しようとすれば、必ずむりがでてしまいます。

テクノロジーの発展により、今はどこでも仕事が出来るようになりました。

もし都心が嫌になったら田舎に住めば生活コストはもっと下がります。どんな時でも2人分の労働力があるって、非常に安定した生活が出来ると思うんですよね。

価値観が合って、ダブルインカムを実現できる相手は、正直探そうと思ってなかなか探せるものではないかもしれません。

でも、もし出会えたら絶対に手放さないでください。

1人で生きていくのには、しんどい時代になっている気がします。

結婚をして二人で力を合わせて生きていく。そんな時代に回帰しているのかもしれません。

 

【関連記事】→【結婚相手に期待をしない】結婚に失敗する人の特徴と対策

【関連記事】→20代で結婚はデメリットもあるけど、長い人生でプラスになるよ!